ハロー更年期。

ホルモンに負けてなるものか!アラフィフ更年期主婦のつぶやき。

元旦なのに、、濃厚接触者の知らせ。

今朝(元日の朝)、

施設にいる母へ新年の挨拶がてら

電話をかけた。

 

施設の入居者さん達と一緒に

朝ごはんを食べたとの事。

高齢者だから、流石に餅は出なかった

みたいだけど、その代わりに?

お団子が出たみたい。

声も明るく元気そうでホッと一安心、

電話を切った。

 

ところが、電話を切って1時間後、

母から電話が。

 

同じフロアの入居者さんに、コロナの

陽性反応が出たそうで、4日間ほど

入居者全員、隔離生活をしなければ

ならなくなったとの事。

 

元旦なのに部屋から一歩も出れない、

風呂にも入れない、

食事も各自部屋で一人で食べるそうだ。

 

11月にも濃厚接触者になって

丸3日間、自室での隔離生活を

強いられた母。

 

その時の母は、隔離生活が思いのほか

快適だったと話していたので

隔離生活についてはあまり心配は

していないのだけど。

 

↓詳しくは12/20ブログ記事「濃厚接触者の知らせ。」をご覧ください。

shu16forever.hatenablog.com

去年までは実家家族と当たり前のように

年始を一緒に過ごしていた私。

今年からはそれができなくなり、

心さびしく感じていました。

 

でも、施設は一人じゃないし

見守りもあるから安心。

何より母が、娘の家にお世話になる方が

気疲れしてゆっくりくつろげない、と

話していたので、今回はこれで良かったんだ

と、自分に言い聞かせていました。

 

それ以前に、コロナ感染拡大のため

年末あたりから施設より外出禁止令

が出ていたので、いづれにしても

年始は一緒に過ごせなかったんだけどね。

 

それにしても、元旦から隔離生活って。。

しかも今回は、母だけでなく、

入居者さん全員だもんね。

何だか切ないなぁ。

 

はじめて核家族で過ごす、

こじんまりとした静かな年始。

食卓に並んだおせちをつつきながら

複雑な気持ちになる。

 

集まる人数多いと、準備や片付けも大変だけど

それでもいいから、みんなでワイワイ賑やかに

食べたかったな…。